subaru

エクシーガ クロスオーバー7(YA)のカスタムパーツ大全集(エアロ・マフラー・ホイール・インテリアなどなど)

スバル YA エクシーガ クロスオーバー7の人気カスタムパーツをまとめていきます!

定番カスタムとも言える3種の神器、エアロパーツ・マフラー・アルミホイールはもちろん、ヘッドライト・ルームランプ・ライセンスランプ等のLED・光り物、ECUやサブコンと言ったエンジンチューニング・内装カスタムまで、エクシーガ クロスオーバー7(YA)用のカスタムパーツをご紹介しています。

エクシーガ クロスオーバー7(YA)オーナーさんの為のエクシーガ クロスオーバー7カスタムの参考になれば幸いです!

アルミホイール(インチアップ・ノーマルサイズ)

エクシーガ クロスオーバー7(YA)のホイール交換をお考えの方は、下記からお好みのデザインを探して頂ければと思います。
エクシーガ クロスオーバー7は、ホイールをインチアップすることで、かなりイメージががらりと変わり、スタイリッシュにカスタムできます。

エクシーガ クロスオーバー7(YA)用アルミホイール一覧

楽天市場をご利用の方向けのエクシーガ クロスオーバー7(YA)用パーツリストがこちら。
エクシーガ クロスオーバー7(YA)用アルミホイール一覧(楽天市場)

純正ホイール活用術

サマータイヤをインチアップホイールに履かせて、純正ホイールをスタッドレスタイヤ用にするのも良いですよね。
スノータイヤ用に安いアルミホイールを探している方の場合は、上記ページにて、「価格の安い順」にソートしてエクシーガ クロスオーバー7(YA)用アルミホイール一覧をチェックしてみてください。

代表的なアルミホイールメーカー

・BBS
・BLEST
・ENKEI
・OZ
・RAY'S
・SSR
・TOPY
・weds
・WORK
・YOKOHAMA WHEEL

マフラー(マフラー音試聴も一部あり)

エクシーガ クロスオーバー7(YA)用のマフラーを探している方に人気のマフラーをご紹介していきます。
「保安基準適合マフラー」「車検対応マフラー」を選択するようにしましょう!
車検に通らないマフラーをつけると「違法改造」となりますので、ご注意ください。

また、「JASMA認定品」というのもありますが、これは、「保安基準適合品」よりも少し厳しい基準となっているので、より安心なマフラーです!
エクシーガ クロスオーバー7(YA)用マフラー まとめ

楽天市場をご利用の方向けのエクシーガ クロスオーバー7(YA)用パーツリストがこちら。
エクシーガ クロスオーバー7(YA)用マフラー まとめ(楽天市場)

代表的なマフラーメーカー

・STI
・SYMS
・PROVA
・フジツボ
・amuse
・スルガスピード
・REMUS
・HKS
・柿本改
・GANADOR

エアロパーツ(外装カスタム)

エクシーガ クロスオーバー7(YA)用のエアロパーツをご紹介していきます。
まずは、一覧からご紹介していきます。

エクシーガ クロスオーバー7(YA)用エアロパーツ一覧
上記をご覧いただけると分かる通り、意外と知らないメーカーのエアロパーツも多いのではないでしょうか?

楽天市場をご利用の方向けのエクシーガ クロスオーバー7(YA)用パーツリストがこちら。
エクシーガ クロスオーバー7(YA)用エアロパーツ一覧(楽天市場)

代表的なエアロパーツメーカー

・STI
・SYMS
・CORAZON
・KUHL
・ROWEN
・ARTISAN SPIRITS
・GIALLA CORSA
・BLITZ
・Rocket Bunny
・ings

車高調・ローダウンスプリング

エクシーガ クロスオーバー7(YA)用の車高調・ローダウンスプリングの中から、人気の売れ筋商品をまとめました。
保安基準では、最低地上高が9cm以上と定められていますので、車検対応品を購入しましょう!
(ホイールベース3,000mm以上の車の場合、最低地上高10cm以上必要となります。)

エクシーガ クロスオーバー7(YA)用サスペンション まとめ

楽天市場をご利用の方向けのエクシーガ クロスオーバー7(YA)用の車高調・ローダウンスプリングのリストがこちら。
エクシーガ クロスオーバー7(YA)用サスペンション まとめ(楽天市場)

サスペンション

大手サスペンションメーカー

・OHLINS
・タナベ
・TEIN
・CUSCO
・KYB
・HKS
・BLITZ

各種LED(ヘッドライト・ルームランプ・ナンバー灯)

エクシーガ クロスオーバー7(YA)の光り物カスタムに欠かせない各種LEDをまとめてご紹介していきます。 ヘッドライト・テールランプ・ウィンカー・ルームランプ・ライセンスランプをまとめました。

エクシーガ クロスオーバー7(YA)用 各種LEDまとめ
ヘッドライト一覧一覧
(楽天市場)
テールランプ一覧一覧
(楽天市場)
ウィンカー一覧一覧
(楽天市場)
ルームランプ一覧一覧
(楽天市場)
ライセンスランプ一覧一覧
(楽天市場)

室内のLEDカスタムは、内張り剥がし一本で出来ることが大半なので、お手軽かつ実用的なカスタムとして人気ですね!

エンジンチューニング(ECU/サブコン)

お手軽にパワーアップできることで、一度やってしまうと癖になると言われている「ECU」「サブコン」。
エクシーガ クロスオーバー7(YA)のECU・サブコンをまとめました。

エクシーガ クロスオーバー7(YA)ECU・サブコン
ECU一覧一覧
(楽天市場)
サブコン一覧一覧
(楽天市場)

ECUはフルコンとも言われ、純正コンピューターと交換するタイプ、サブコンは”サブ”とつく通り純正ECUを活かしたまま追加するタイプです。
どちらも取り外せば、もとに戻せるのが、ECU書き換えと違ってお手軽な点です。

代表的なECU/サブコンメーカー

スバルの車種用にECU・サブコンを開発していることで有名なメーカーがこちら。
・PROVA
・東名パワード
・HKS
・RACE CHIP
・BLITZ
・ProRacing
・APEXi

内装カスタム(シートカバー・フロアマット等)

エクシーガ クロスオーバー7(YA)専用の内装カスタムパーツをご紹介していきます。
インテリアが変わると、ドライブがより一層楽しくなりますよね♪

エクシーガ クロスオーバー7用シートカバー

シートカバーも車種専用設計のものだと、フィッティングが抜群ですし、最近の合皮素材の出来はかなりよく、エクシーガ クロスオーバー7専用の合皮製シートカバーをつけると、純正オプションのレザーシートかのようになります。
下記リンクからレビューをチェックしながら、ご選択頂くと良いかと思います。

エクシーガ クロスオーバー7(YA)用シートカバーまとめ
エクシーガ クロスオーバー7(YA)用シートカバーまとめ(楽天市場)

エクシーガ クロスオーバー7(YA)用フロアマット

車を売却する際には、内装の綺麗さも当然ながら査定基準となります。
純正フロアマットをきれいな状態で保管しておくと、中古車査定・下取り査定の際に、良い印象となりますし、インテリアドレスアップの点でも、フロアマット交換はお手軽でコスパが良いカスタムかと思います。

エクシーガ クロスオーバー7(YA)用フロアマットまとめ
エクシーガ クロスオーバー7(YA)用フロアマットまとめ(楽天市場)

オーディオカスタム

スバル エクシーガ クロスオーバー7(YA)用のオーディオカスタムパーツをご紹介していきます。

オーディオカスタムの初歩としては、トレードインスピーカーへの交換がオススメです。
一番、低予算・交換も簡単・効果が体感しやすいと三拍子揃っています。

本格的にオーディオにこだわる方であれば、デッドニング・アンプ追加・サブウーファー追加なども候補に上がると思いますが、大抵の場合、スピーカー交換だけでも十分満足できると思います。
特に、ツイーターを変えることによる体感が大きいかと思います。

エクシーガ クロスオーバー7(YA)用スピーカーまとめ
エクシーガ クロスオーバー7(YA)用スピーカーまとめ(楽天市場)

スピーカー

人気のカーオーディオメーカー

車種別の専用オーディオシステムを販売していること代表的なメーカーがこちら。
・Sonic Design
・FOCAL
・Carrozzeria
・ALPINE

 

エクシーガ クロスオーバー7(YA)の特徴

エクシーガ クロスオーバー7は、スバルが2008年から発売していた7人乗りミニバンのエクシーガを、2015年にビッグマイナーチェンジして、新たにクロスオーバーSUVの要素を取り入れて再発売したモデルです。エクシーガはスバルの主力車種であるレガシィと基本部品を共有するなど、箱型のミニバンが流行する中で普通のステーションワゴンに近い雰囲気や運転感覚を特色としたモデルでしたが、エクシーガ クロスオーバー7への変更に伴い、外装に黒い樹脂部品が追加されるなどで、一転して車高が高いSUV風の雰囲気を持っていますが、実際には最低地上高が従来のエクシーガ比で10mm上げられた170mmになったのみで、それほど車高が高くなったわけではありません。パワートレインはエクシーガでは2012年から採用されていた最新型の2.5リッターの水平対向4気筒エンジンで、これに無断変速機のCVTを組み合わせ、四輪を駆動します。またスバル自慢の衝突防止自動ブレーキ・運転支援システムのアイサイトは最新のver.3ではなく、1世代前の操舵アシスト機能を持たないver.2に留まるとはいえ標準装備されており、全席対応のカーテンエアバッグを含め、安全性に関しても定評がある車種です。

-subaru
-, , , , ,